健康診断ってなに?



  • 体の健康状態をある尺度で総合的に確認するプログラムのことを健康診断(健康診査)略して健診(けんしん)と呼びます。(厚生労働省情報サイトより-リンク)

  • 診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるもの。健診(けんしん)、健康診査とも呼ばれる。(Wikipediaより-リンク)


簡単に言うと、

具体的な症状は特にないが、なにか体に良くないことが起きてないか、基本的な検査でその予兆を探してみよう!

これが健康診断です。

健康診断には、大きく分けて、労働安全衛生法などの法律によって実施が義務付けられた「法定健診」と、個人が任意判断で受ける「任意健診」があります。

法定健診
労働安全衛生法 ・雇入れ時の健康診断 ・定期健康診断
高齢者の医療の確保に関する法律 ・特定健康診査 ・後期高齢者の医療健康診査
任意健診
・稲城市 市民検診、・人間ドック等

健康診断の選び方

一口に健康診断といっても、種類が多くわかりづらいと思います。そこで、以下のように目的別に該当の健康診断を選ぶと良いでしょう!

目的
該当の健康診断
就職・入所するにあたり、健康診断を受診する。
雇い入れ時の健康診断(リンク)
年1回の法定の定期健康診断を受診したい。
定期健康診断(リンク)
稲城市、または、各種保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、国民健康保険組合)より、特定健康診査の受診券が届いた。
特定健康診査(リンク)
40歳以上の稲城市民で、無料で受けられる検診を受けたい。
稲城市 市民検診(リンク)

各種健康診断



雇入れ時の健康診断(安衛則第43条)

 
○労働安全衛生規則 – (雇入時の健康診断)
第43条 事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
(関連リンク:労働安全衛生規則<リンク>e-gov 法令検索)、厚生労働省リーフレット(リンク) )
 
  • 1.  既往歴及び業務歴の調査
  • 2.  自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 3.  身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  • 4.  胸部エックス線検査
  • 5.  血圧の測定
  • 6.  貧血検査(血色素量及び赤血球数)
  • 7.  肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
  • 8.  血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロー ル、血清トリグリセライド)
  • 9.  血糖検査
  • 10.  尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
  • 11.  心電図検査
     
料金: 11,000円(税込み)
健康診断結果: 1週間
 
予約前確認事項:
  • 1.検査項目について上記のとおりで問題ないか、念のため、事業者にご確認ください。事業者によっては、追加で項目を設定していることもあります。
  • 2.事業者指定の所定の結果記入用紙あれば、予約時にお知らせください。当日はその用紙をお持ちください。

検査前注意事項:
  • 1.【食事制限について】糖質や脂質が血液検査の結果に影響しますので、予約時間前の10時間は絶食としてください。ただし、お水、お茶等の糖質や脂質を含まない飲料はお飲みいただけます。
  • 2.【尿検査について】当日は、受付後すぐに尿検査のために採尿をして頂くため、直前のお手洗いはお控えください。
  • 3.【心電図検査について】足首に機械をつけるため、なるべくタイツ・ストッキングの着用を避けて下さい。




定期健康診断(安衛則第44条)

 
○労働安全衛生規則 – (定期健康診断)
第44条 事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労働者を除く。)に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
(関連リンク:労働安全衛生規則<リンク>e-gov 法令検索)、厚生労働省リーフレット(リンク) )
 
  • 1.  既往歴及び業務歴の調査
  • 2.  自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 3.  身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  • 4.  胸部エックス線検査
  • 5.  血圧の測定
  • 6.  貧血検査(血色素量及び赤血球数)
  • 7.  肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
  • 8.  血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロー ル、血清トリグリセライド)
  • 9.  血糖検査
  • 10.  尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
  • 11.  心電図検査
     
料金: 11,000円(税込み)
健康診断結果: 1週間
 
予約前確認事項:
  • 1.検査項目について上記のとおりで問題ないか、念のため、事業者にご確認ください。事業者によっては、追加で項目を設定していることもあります。
  • 2.事業者指定の所定の結果記入用紙あれば、予約時にお知らせください。当日はその用紙をお持ちください。

検査前注意事項:
  • 1.【食事制限について】糖質や脂質が血液検査の結果に影響しますので、予約時間前の10時間は絶食としてください。ただし、お水、お茶等の糖質や脂質を含まない飲料はお飲みいただけます。
  • 2.【尿検査について】当日は、受付後すぐに尿検査のために採尿をして頂くため、直前のお手洗いはお控えください。
  • 3.【心電図検査について】足首に機械をつけるため、なるべくタイツ・ストッキングの着用を避けて下さい。




特定健康診査

40歳以上の稲城市民の方は、無料で項目を追加できます。(→稲城市 市民検診-リンク)   より広範な健診が可能となりますので、同時に申し込みをお勧めします。

特定健康診査(とくていけんこうしんさ)とは?


40歳から74歳までの方を対象として、生活習慣病の早期予防のためにメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診断です。

がん、虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣病は、現在、日本における死亡原因の約6割、国民医療費の約3割を占めています。(出典リンク)

このような中で、1. 国民の生涯にわたる生活の質の維持・向上、および、2. 増加する社会保障費における医療費の削減、等を目的として、特定健康診査が2006年8月に制度化され、保険者の実施義務として行われることになりました。

略して、特定健診(とくていけんしん)、別名、メタボ健診と呼びます。

(関連リンク:高齢者の医療の確保に関する法律<リンク>e-gov 法令検索)、
厚生労働省ホームページ(リンク) )


[後期高齢者(75歳以上)の医療健康診査について]
制度上、特定健康診査とは異なるものですが、1. 健診項目について、特定健診の検査項目に準ずるものであること(稲城市においては受診結果票は同じもの用いています)、2. 特定健診と同じく、高齢者の医療確保法の中で定められていること、以上2点により、この特定健康診査の中で扱います。



令和3年度  特定健康診査(後期高齢者の医療健康診査)
 
ご加入の保険(保険の種類によって、実施時期等が異なります)
[I].   稲城市国民健康保険 (稲城市該当リンク)
[II].  後期高齢者医療保険 (稲城市該当リンク)
[III]. 各種保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、国民健康保険組合)
対象者 受診券をお持ちの方
(40歳以上の方を対象に、ご加入の保険より受診券が送付されます)

[III].各種保険にご加入の方は、受診券の「契約取りまとめ機関名」に「集合B①」の記載があれば、当院で受診可能です。(→詳細説明リンク)
 
受診可能期間 [I]:   令和3年6月1日 〜 令和3年11月30日
(6月2日から10月31日までに75歳となる方は、受診期限が10月31日になりますのでご注意ください →詳細はコチラ)
[II]:  令和3年5月1日 〜 令和3年10月30日
[III]: 受診券をご確認ください。(保険によって異なります)
 
料金 [I]、[II]:   無料
[III]: ご加入の保険によって異なります。
 
健康診断結果 1週間
 
 
◇基本的な健診の項目
  • 1.  質問票(服薬歴、喫煙歴 等)
  • 2.  身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
  • 3.  理学的検査(身体診察)
  • 4.  血圧測定
  • 5.  血液検査
    ・ 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    ・ 血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c) 注)摂食時はHbA1c
    ・ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 6.  検尿(尿糖、尿蛋白)

◇詳細な健診の項目(医師の判断により実施する)
  • 7.  貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
  • 8.  心電図検査
  • 9.  眼底検査(75歳未満)
  • 10.  アルブミン検査(75歳以上)

 
 
検査前注意事項:
  • 1.【食事制限について】糖質や脂質が血液検査の結果に影響しますので、予約時間前の10時間は絶食としてください。ただし、お水、お茶等の糖質や脂質を含まない飲料はお飲みいただけます。
  • 2.【尿検査について】当日は、受付後すぐに尿検査のために採尿をして頂くため、直前のお手洗いはお控えください。



各種保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、国民健康保険組合)の特定健診について

受診券の「契約取りまとめ機関名」に「集合B①」の記載があれば、当院で受診可能です。
(保険によっては、特定健診を受診可能な地域医療機関を検索できるウェブページを用意していることもあります。また、受診券の中で、受診可能な地域を指定している場合もあります)
<受診券該当箇所のイメージ>






稲城市 市民検診

40歳以上の、稲城市民が原則無料で受けられる検診です。特定健診(-リンク)と組み合わせることで、より広範な健康診査が可能となります。特定健診と同時に申し込みをされることをお薦めします。

令和3年度 稲城市 市民検診 (稲城市ウェブサイト該当リンク)
対象者
40歳以上(昭和57年4月1日以前の生まれの方)の稲城市民
実施期間
令和3年5月1日 〜 令和4年3月15日
検診結果
1週間
料金
原則無料、一部自己負担金あり
 
◇無料(全額公費負担)で受けられる検診(該当リンク)
1. 結核検査(胸部エックス線検査) 肺や心臓等を撮影する検査
2. 心電図検査 心臓の病気を発見するための検査
3. 腎機能検査(採血検査) 腎臓の機能を調べる検査
4. 尿酸検査(採血検査) 痛風や動脈硬化・腎障害・尿路結石等のリスクを調べる検査

◇無料(全額公費負担)で受けられる検診(条件付き)
5. 肝炎ウイルス検診(採血検査)(該当リンク) B型・C型肝炎ウイルス検査
事前に稲城市へ申請し、受診券を受け取る必要があります。ただし、40歳の方には市より受診券が送付されます。詳細は該当リンクをご確認ください。 ※過去に受診した方は受診対象外

◇一部負担金あり
6. 大腸がん検診(免疫法便潜血検査二日法)(該当リンク) 便に混じった血液の有無を調べ、大腸がんを発見するための検査
保険証の負担割合によって負担金が変わります。3割負担の方:480円2割負担の方:320円1割負担の方:160円


※※肺がん検診(低線量胸部CT撮影検査)、胃がん検診(胃部エックス線検査<バリウム検査>)、乳房エックス線検査(マンモグラフィ検査)、子宮頸がん検診、については当院では行なっておりません。
 
問診票:来院前にプリントアウトし、ご記入いただいてご持参いただくと、受付がスムーズです。

 
検査前注意事項:
  • 1.【心電図検査を受ける場合】足首に機械をつけるため、なるべくタイツ・ストッキングの着用を避けて下さい
  • 2.【大腸がん検診を受ける場合】予め検便用の容器をお渡ししますので、予約日より前に一度ご来院ください。受付にてお渡しします。