院長 中尾 裕(なかお ゆたか)

 研修終了後、慈恵医大とその関連病院で消化器疾患だけでなく生活習慣病を含めた内科全般の診療と内視鏡治療に従事して参りました。研究面では内視鏡診断学をテーマに医学博士を取得し、専門医として内視鏡治療を提供すると同時に、指導医として後輩の指導を行ってきました。

 大学病院では、多くの方が紹介状をもって来院されます。「苦しくて内視鏡を避けていた」という方が多く、その結果、胃がん、大腸がんが進行した状態で見つかり、悔しい思いをしたことが多々ありました。消化器がんは一定の間隔で検査を受けて頂ければ、仮に見つかっても内視鏡で完治することができます。「かかりつけ医」が正しい知識を伝え、痛くない苦しくない検査を提供できれば、と考えたことが開業のきっかけです。

 近い将来、人工知能(AI)が仕事の在り様を変えると言われていますが、医療に関しては、人と人との信頼関係がいつの時代であっても大切であると信じています。母校である慈恵医大の理念「病気を診ずして病人を診よ」の精神に基づき、病気の治療のみでなく患者様の立場に立った医療を心がけております。風邪や腹痛などの急性疾患から高血圧症、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病まで、地域の「かかりつけ医」として健康面のトータルケアができればと考えています。また内視鏡分野では学んできました知識、技術を生かし、がんが進行した状態で見つかってしまう方が地域でゼロになるよう貢献したいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

院長・医学博士 中尾 裕
略歴
平成15年 3月
東京慈恵会医科大学 卒業
平成15年 4月
東京警察病院にて臨床初期研修
平成17年 4月
慈恵医大消化器肝臓内科 入局
平成19年 4月
厚木市立病院
平成20年 4月
慈恵医大第三病院
平成22年 4月
慈恵医大本院
平成24年 4月
西埼玉中央病院
平成25年 9月
博士号(医学)取得
平成28年 4月
慈恵医大本院
平成29年11月
なかお内科クリニック開設に至る
慈恵医大非常勤医師
専門医・資格
  • ・医学博士
  • ・日本内科学会内科認定医
  • ・日本消化器病学会消化器病専門医
  • ・日本消化器内視鏡学会専門医/指導医
  • ・日本肝臓学会肝臓専門医
  • ・日本消化管学会胃腸科専門医/指導医
  • ・日本医師会認定産業医
  • ・東京慈恵会医科大学消化器肝臓内科非常勤医師